動物ホテルの大変さ

大変な動物ホテルの運営について

動物専用のホテルを運営するのに

ペットホテルは、ペットショップや病院に併設されていることが多いのですが、個人で運営することも可能です。まず、第一種動物取扱業の登録が必要です。飼い主の信頼を得るために小動物看護士の資格取得が望ましいです。ペット飼育管理士やドッグシッターの資格も役立ちます。また、トリミングの資格を取得しトリミングサロンを併設すれば、飼い主は普段通っているサロンにペットを預けることとなり安心して利用してもらえます。ホテル本体については、お預かり中、ペットに楽しく過ごしてもらうために自由に歩けるスペースを確保するなどの工夫は大切ですが、扉を2重、もしくは3重にして逃げ出さないようにする対策が必要です。

ペットホテルの良さについて

家族の一員であるペットは多くの人の心の癒しになりますが、どこにでも連れていけるわけにもいかず、旅行や出張などで家を空けるときのお留守番は悩みのタネにもなります。そんな時に最適なのが動物専用のホテルです。動物のために作られた空間で、食事や運動、健康観管理などのケアをしっかりと行ってくれるので、安心して預けることが出来ます。ホテルによっては送迎してくれるところや、留守番中の様子を写真や動画でお知らせしてくれるところなどそのサービスの細やかさなどもそれぞれ特徴があります。愛する家族の一員であるからこそ、ペットも飼い主も安心して預けられるこのシステムは現代のニーズにとてもマッチしています。

ペットとホテルの情報

新着情報

↑PAGE TOP